iPadの方用 PCの方用
公的研究費の不正使用防止への取組について

 産業医科大学が受け入れて管理する全ての研究費(以下「公的研究費」という。)
は、国民の貴重な税金や関係者からの信頼と負託で賄われていることから、公的
研究費を不正に使用することは社会からの信頼に反する行為であり、大学の教育
研究活動への信用を失墜させることになります。
 「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン」(平成19年2月15日
文部科学大臣決定、平成26年2月18日改正)を踏まえ、本学における公的研究費
の管理・運営を適正に実施するために、責任と権限の明確化、不正防止対応、相
談・通報窓口の設置等を行いました。
 それらを関係者(学生アルバイト、学生被験者等を含む)すべてに対し、周知する
ことにより公的研究費の不正使用防止に取組みます。
 取組みの詳細については、本学HPをご覧ください。
http://www.uoeh-u.ac.jp/University/aboutCollege/fuseiboushi.html
また、公的研究費の使用に関わる場合は、 講座等に配布しました 「研究費の使用
ルール」を熟読の上、「理解度アンケート」及び「誓約書」を記入し、講座等責任者に
提出してください。

平成27年3月25日

                                                                      学長 東 敏昭

Copyright(C) 2014 University of Occupational and Environmental Health,Japan. All Rights Reserved.