2012.11.05 |医生祭医療部「健康測定」が実施されました。
【実践力育成プラン】
医生祭医療部「健康測定」が実施されました。
 
医生祭期間中の11月2日(金)~4日(日)10:00~16:00に、本学3号館1階において、医生祭医療部の学生が主催する「健康測定」が実施されました。
参加した地域住民等に血圧計・体組成測定器・肌年齢測定器・脳年齢測定器などを用いて色々な健康項目について知ってもらい、自身の健康状態を見直すきっかけにしていただこう、という学生による企画でしたが、3日間を通じ多くの方が参加されていました。
 
平成24年度「新たな学生支援事業」より機器レンタル料の一部を助成しました。

  

【学生からの報告書】
今回、11月2日から4日にかけて、第34回産業医科大学 医生祭“燦〜COLORs〜”が行われた。その中の医療部企画であり、毎年本大学の学生支援GPから協賛を頂いている健康測定は、3日間終日、本大学の学生食堂において行われた。今回は体組成機、脳年齢、肌年齢、活力測定器、血圧計、Wii Fitを利用し、多くの来客者に参加して頂いた。1日目の来客者は88名、2日目は206名、3日目は114名と総計408名の方に参加して頂いた。この企画は本大学の学生が大学祭という機会を通して一般の方に自分自身の健康を意識、再確認して頂くという、医科大学に特有の企画である。また学生自身も地域の方々と健康を通してふれあう事で、将来医療従事者となる身としての自覚を感じる事が出来ればと考える。主に学生が主体となって行う企画ではあるが、本大学からの支援をいただいていることは私たちが産業医科大学の学生であり、産業医科大学の教育理念を再度認識出来る良い機会である。来年以降もこの企画を通して、大学、学生、そして地域の方々が産業医科大学とはどういう大学なのかについて知る事が出来ればと思う。例年来客者に対してアンケート調査を行っており、それを参考に年々より良い企画となってきている。来年度は今年の反省も十分に活かし、良い企画をしていこうと思う。
 
産業医科大学 医生祭実行委員会
医療部部長 馬庭幸詩
Copyright(C) 2012 University of Occupational and Environmental Health,Japan. All Rights Reserved.