2012.07.04 | 違法ドラッグ乱用防止について
違法ドラッグは買わない、使わない、かかわらない

最近「合法ハーブ」等と称して違法ドラック(いわゆる脱法ドラッグ)の乱用が引き起こしたと考えられる事件や事故が発生するなど、極めて憂慮すべき状況にあります。
この様な状況を踏まえ、厚生労働省におきましては、平成24年7月1日より新たに9物質が「指定薬物」として指定されたことに加え、国民の皆様に「『違法ドラッグ』は『合法』などと称していても、麻薬や覚せい剤と同じかそれ以上の健康被害があるおそれがある物質であること」を知っていただくための広告を作成し、広く啓発・広報を行っています。
www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/yakubuturanyou/index.html
皆さんも一人一人が薬物に対する正しい知識を持ち、改めて乱用の防止について再認識してください。
Copyright(C) 2012 University of Occupational and Environmental Health,Japan. All Rights Reserved.